富山市 よくある質問と回答集(FAQ)
市役所によく寄せられる質問とその回答を検索できます。また、お知りになりたい内容を、カテゴリ(分類)からお調べいただけます。
キーワード文章検索
キーワード検索
AND検索 OR検索
自然文検索
この分類からQ&Aを検索
キーワード文章検索
属性検索
ライフイベント

お問い合わせ先
属性検索
作成日時:2008/11/06 17:16:19 更新日時:2021/03/15 09:24:08
質問
母子家庭等に対する自立支援の給付金はありますか。
回答
ひとり親家庭の母又は父が自主的に行う職業能力の開発を推進するため、市長が指定した教育訓練講座を受講した方に対して教育訓練終了後に支給する「母子家庭等自立支援教育訓練給付金」、ひとり親家庭の母又は父が就職の際に有利な資格の取得を促進するため、1年以上養成機関で受講する場合に支給する「母子家庭等高等職業訓練促進給付金」、ひとり親家庭の父母及びその子どもが、高等学校卒業程度認定試験(高卒認定試験)の合格を目指す場合に、対策講座の受講費用の一部を支給する「ひとり親家庭高等学校卒業程度認定試験合格支援事業」があります。

≪母子家庭等自立支援教育訓練給付金≫
◎対象者/20歳未満の子どもを扶養する母子家庭の母・父子家庭の父
◎対象講座の受講料の60%相当額(上限20万円)
※職業に必要な実践的かつ専門的なものとして指定される講座を受講した場合は上限80万円(20万円×修学年数)
(雇用保険制度の教育訓練給付金を受けることができる場合はその差額)
※受講申し込みの前に、必ず事前相談をしてください。
※受講しようとする講座について、受講開始前に受講対象講座として指定を受ける必要があります。

≪母子家庭等高等職業訓練促進給付金≫
◎支給期間/修業期間の全期間(上限4年)
◎対象者/20歳未満の子どもを扶養する母子家庭の母・父子家庭の父
◎対象資格/看護師、准看護師、保育士、介護福祉士、理学療法士、作業療法士、理容師、美容師、調理師、製菓衛生師、歯科衛生士、歯科技工士、等の国家資格
◎職業訓練促進給付金
課税世帯 70,500円/月 非課税世帯 100,000円/月
※最終1年間のみ40,000円増額して支給。
◎修了支援給付金
課税世帯 25,000円 非課税世帯 50,000円

≪ひとり親家庭高等学校卒業程度認定試験合格支援事業≫
◎対象者/20歳未満の子どもを扶養する母子家庭の母・父子家庭の父及びその子ども
◎受講修了時給付金/受講費用の40%相当額(上限10万円)
 合格時給付金/受講費用の20%相当額(受講修了時給付金との合計額上限15万円)


※制度変更等により、内容が変更となる場合があります。



【関連ページ】
自立支援の給付金



【お問い合わせ先】
こども福祉課こども福祉係
TEL 076-443-2055
E-mail kodomofukusi-01@city.toyama.lg.jp

このQ&Aを見た人は、他にこんなQ&Aも参照しています。

ライフイベント子育て お問い合わせ先こども福祉課
このFAQで疑問は解決しましたか?
->お問い合わせフォームへ
※FAQを充実させるため、評価にご協力ください。
前に戻る
FAQトップページへ